リピーターを作ろう

リピーターを作ろう

一年を通して楽しめるコンテンツを提案し、リピーターを作ろう。

日本のインバウンドは、一般的には春と秋の需要が高いと言われています。お目当はもちろん桜と紅葉でしょう。もちろん他の季節にも多くの訪日客が来ますが、夏から秋の間に関しては、比較的少なく、特に地方ではその傾向が強いと言えます。つまり、日本の現状はこうあると言えます。一年を通して観光客に対応できないため、観光産業は生産性が低く、また待機コストがかさばる。観光産業の労働者は、一定の季節しか働けず、そのために人材育成ができない。それは、一家の大黒柱になるような働き手が、生涯を通して取り組む仕事になり得ないからでしょう。シーズン以外は、パートやアルバイトなどの一時的な雇用に頼り、集中して取り組める仕事があまりなく、その結果として技術の革新も生まれず、堂々巡りの観光産業となってしまっているのではないでしょうか。この現在の日本のインバウンドの基本的なサイクルでは、海外のバカンスという概念や風習を分析し、年間を通して新しく観光産業の見直しを行い、目標を打ち立てていくことは非常に難しいと言えるでしょう。あるシーズンに1年分の利益を確保し、その他の時期の赤字を補填するという考え方の多い、現在の日本の観光産業の構造が、結果的に自分たちの首を絞めている事を理解し、年間の観光計画を見据えた地域戦略を考え、実行していくことが、直接的に訪日インバウンドを持続的に成長させることに繋がっていくのではないでしょうか。また、それと共に今後は発達していくネット社会を積極的に活用し、上手に、かつ効率よく地域のプレゼンを行っていくことも重要課題なのではないでしょうか。

 


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *